ママをもっと楽しみたい!

子育てママの
ジョブスタイル

仕事と子育ての両立は、ママたちにとって身近で重要なテーマです。
フラノ・ジョブ・スタイルでは、子育てをしながら仕事をするママをレポート。
働くママのライフスタイルを紹介します。

家族との時間を大切にできる仕事

家庭と仕事を上手に両立

農業系の企業に勤める夫と小学6年の長男、6歳の長女、愛猫と暮らす西脇さんは、今年で8年目となるベテランのヤクルトレディ。製品を詰めた大きな保冷バッグ3個から6個を自転車に積み、配達に出かけます。その日の配達を終えれば、終業時間は自由。土日・祝日は休みで、学校行事などで休みを取ることも可能です。子どもが熱を出した時など急な欠勤にも事業所や仲間が対応してくれ、「家庭と仕事のバランスを考えて働ける、ママに優しい職場」だそうです。

製品の普及活動もヤクルトレディの仕事。お客様に立て続けに断られると、長年働いていても落ち込むこともあります。そんな時は仲間に話して気分転換。「仲間は私と年齢が近くて、小さい子どもがいるママ。仕事はもちろん家庭や育児について相談したり、愚痴を聞いてもらったりしています」と、プライベートでも仲良しの同僚の存在は大きいようです。お客様との会話で励まされることも多く、「お勧めした製品を購入したお客様から、『体調が良くなった』と喜んでもらえた時は、とてもうれしいですね。また頑張ろうと思えます」。

ヤクルト富良野センター
西脇 歩さん(34歳)

南富良野町出身。北海道富良野緑峰高等学校園芸科学科を卒業後、就職した企業を結婚を機に退職。長男が3歳の時にヤクルトレディとして働き始め、現在8年目(1年産休を取得)。個人宅と企業を合わせて約100軒を担当しています。

何度か通ううちにお客さんの好みが分かってくるのだとか。配達に出かける前、何人ものお客さんの顔を思い浮かべながら商品の準備をします。

働くことがストレス解消に

長男の入園を機にヤクルトレディとして働き始めた西脇さんは、2人目の出産時に1年間の産休を取得。会社の「保育料助成制度」を活用して子どもを保育所に預け、職場に復帰しました。

子どもが大きくなっても、出勤前は化粧をしながらマイペースな娘に幼稚園の準備をさせるなど朝からバタバタ。それでも仕事を続ける理由の1つに、「子どもや家庭と離れる時間が少しでもあると、家事のストレスが軽減します」と話します。仕事を頑張った分、休日は子どもの要望を叶える日。平日にできなかった家事をこなした後、子どもと目一杯遊ぶなど、家庭の時間をより大切にできるそう。仕事と家事の両立は難しいですが、「働きながら家族の都合に合わせて家事をするのは大変。毎日の食事時間など家事は私のペースに任せてくれているので、助かっています」と、家族みんなが西脇さんの仕事を理解しています。家族や仲間、お客様の支えがあって、西脇さんは忙しくも充実した日々を送っています。

6歳の長女はお母さんの職場で過ごすのが大好き。幼稚園から帰ると、オフィスの広々としたテーブルでお絵描きをしたり、近くの公園で遊ぶことも。

職場には同世代の子育てママが何人もいて、和気あいあいとした雰囲気。学校行事や子供が急病のときにサポートし合えることも、長く仕事を続けられる大きな理由です。