元気ハツラツ アクティブシニア

シニア世代の
ジョブスタイル

人生の先輩「シニア」の働き方は多様です。
趣味を楽しむ一方で、これまでの経験を活かして社会に貢献する。
定年退職してからまったく違う職種にチャレンジする方、60歳を過ぎて働きだした方。
年を重ねてこその自分らしい働き方は、シニアの特権です。
そんな生き生きとした毎日を送るシニアのライフスタイルを紹介します。

仕事も趣味もなんでもチャレンジ

ダブルワークを楽しむ70代

国内外の観光客が集まる北の峰エリア。長期滞在者向け宿泊施設・フレッシュパウダーで働く藤田シゲ子さんは、月に10日ほど客室の清掃を担当しています。客室はすべてキッチン付きのアパートタイプで、家具は欧米仕様。高さのあるテーブルやシンクを磨き、キングサイズのベッドメイクをこなす小柄な藤田さんは、「家具はちょっと大きいけれど、客室清掃は家事の延長みたいなもの。全然平気よ」と優しい笑みで答えてくれました。作業は一人一部屋が基本。マイルールの掃除方法がある主婦にとって、人に気を遣うことなく、自分のペースで作業できることも、働きやすさのポイントだそう。仕事の後にはスタッフが集まり、打ち合わせがてらお茶を飲み、談笑するのも楽しい時間です。

しかし、藤田さんの仕事はこれで終わりではありません。市内リゾートホテルの温泉清掃業務を夜間に行うこともしばしば。藤田さんがパワフルに働くきっかけは何だったのでしょうか。

株式会社ジャパンフレッシュパウダー
藤田シゲ子さん(72歳)

6人兄弟の末娘として生まれ、高校生まで富良野で過ごす。東京の大学を卒業し、都内企業に就職の後、富良野へ戻り結婚、専業主婦に。60代で再び働き始め、現在は市内2ヶ所で清掃業務を兼務しています。

専業主婦として、長い間、家族を支えてきた藤田さん。欧米仕様のゲストルームを隅々まで清掃し、ベッドメーキングもテキパキとこなします。

いくつになっても挑戦!

専業主婦として歯科医の夫を支え、4人の子どもを育ててきた藤田さんが仕事を始めたのは、60歳を過ぎてから。きっかけはスタッフを探していた知人からの勧誘でした。「頼まれると断れない性格なのもありますが、体を動かすのが好きだったので引き受けました。『元気なら動こう!やってみよう!』と思っているんです」と、いくつになってもアクティブに、落ち込むことがあってもくよくよせずに気持ちを切り替えるように努めているそうです。

前向きな藤田さんが挑戦してきたことは数知れず。日本舞踊や茶道、テニス、ゴルフなど数々の習い事を経験し、ときには息子と一緒に剣道を、娘がピアノを始めればチェロに励んで親子でセッションを楽しみました。市民劇団「へそ家族」結成当初のメンバーで、現在も年数回の舞台公演に参加しています。「劇団に誘われてから20年近くなります。メンバー全員で作品を作り上げるのが楽しくて辞められません」。仕事や趣味を楽しそうに取り組む藤田さんの姿を通して、ほんの少しの勇気と好奇心が、いくつになっても生き生きと輝く秘訣だと教わりました。

勤務先の「フラノ・フレッシュ・パウダー・アコモデーション」はコンドミニアムと呼ばれるキッチン付きの宿泊施設。利用者は長期滞在の外国人旅行客が中心で外観もインテリアもオシャレな雰囲気。

長女が自宅近くに住んでいるので、4歳になる孫の正臣くんの成長を身近で見守ることができる幸せな毎日です。仕事の合間に幼稚園のお迎えにいくこともあります。